デイサービスとデイケアの違いって?

デイサービスデイケアの違いが良く分からないという方も多いのではないでしょうか。
デイサービスデイケアは、それぞれ似た部分も多いのです。
デイサービスは、通所介護と呼ばれ、デイケアは通所リハビリと呼ばれています。
何がどう違うのかというと、デイケアの場合は「リハビリが中心」となるため、食事や送迎、入浴があっても飽くまでリハビリが中心になっています。
そのため、お食事は業者のお弁当で済ませてしまうということもあります。
リハビリが目的だという方にはデイサービスの方がより専門的なリハビリを受けることができるのですが、デイサービスも機能訓練などを行っています。
専門的なリハビリが目的でない場合は、デイサービスの方をおすすめします。
デイサービスデイケアは、リハビリを指導する方もそれぞれ異なります。
デイサービスの場合、リハビリテーションを担当するのは、看護職などの機能訓練指導員が行います。
デイケアの場合、理学療法士などリハビリの専門家がリハビリテーションを担当しています。
また、デイサービスデイケアの違いはデイサービスセンターの多くは単独型となっています。
そのため、どこかの施設の中にあるわけではないので広いデイサービスセンターが多いようです。
デイケアは、老健などに併設されていることが多いようです。
デイサービスとデイケアを比べてしまうと、どうしてもデイケアは批判されがちになってしまいます。
それは、デイケアの中には大したリハビリをしていないという場所もあるからなのです。
この場合、ほとんどのリハビリ内容がデイサービスと変わらないことが多く、ここはしっかり入る前に確認を取っておく必要がありますね。

そもそもデイケアとは、「老人健康法」に基づき心身機能回復や心身機能維持の目的で医療機関が行っています。
このデイケアにいるスタッフは、意思や理学療法士、看護婦になります。
デイサービスとは、「老人福祉法」に基づき自立生活の援助や心身機能の維持、向上を目的としています。
デイサービスには医師がいなくて、看護婦や寮母、生活指導員になります。
寝たきりの高齢者の方や、日中家族がお家にいないという方、コミュニケーションを取りたいと思う方は、デイサービスをおすすめします。
デイサービスデイケアの大きな違いをハッキリ言える方はとても少ないのですが、デイサービスでは生活援助を、デイケアではリハビリテーションを主体としているということを知識として覚えておくと良いかもしれませんね。